ダイレクトインクジェット暖簾について

日本のお店に不可欠のアイテムといえば、暖簾です。
外からの不用意な視線を防ぎ、かき分ける仕草も
粋なものとして、古くからお馴染みになっています。新しい方法

最近ではインターネットでもオーダーメイドの一品を
気軽に注文できるようになりました。

それを実現させている技術が、ダイレクトインクジェットによる
印刷です。これは家庭用プリンターと同様、専用の機械を使って
暖簾に直接染色する方式となります。

仕上げの際には生地に熱をかけることで耐久性が増しますので
他の形式同様に長持ちさせることが可能です。

プリンターによる印刷ですから、こまかいデザインを
施すこともできますし、発色も鮮やかになります。昔からある物

なにより安く作成することができますし、従来の方法よりも
早期に納品できるのもメリットです。

ダイレクトインクジェットを採用している業者を選べば
いつでもオリジナルの暖簾が手に入ります。

一方、常に人が出入りする部分に設置しますから、
摩耗による経年劣化は避けられません。

しかし、業者側に過去の発注データが残っていれば
素早く再印刷することもできます。

こうしたフットワークの軽さも、魅力の1つです。

より確かな染色で作成したいのであれば、
信頼と実績に優れた相手を選ぶことが大切になります。

口コミや公式サイトを確認するのはもちろん、
まずは気軽に問い合わせてみるのも有効です。

店の顔となる暖簾は、ダイレクトインクジェット方式を
優先して、迅速に用意していきましょう。

顔料プリント暖簾について

暖簾にプリント印刷をすると、文字や絵が鮮やかに
描かれて、美しい仕上がりになります。

美しく仕上がる度合いは、生地と顔料の相性がポイントです。
顔料プリン後に、にじまずに発色が良い状態を維持できると、
色鮮やかさが際立ちます。

暖簾を仕上げるときに、低予算でも目立つように
仕上げたいのであれば、顔料に注目しましょう。

顔料を表面的にプリント印刷する方式ならば
色が透けませんので、ふるぼけた感じに
ならずに長期間にわたって色鮮やかです。イメージに合わせる

洗濯しても色落ちしにくい顔料を
選ぶのも重要です。

顔料プリントに最適なのが綿です。
綿には先染め綿もあります。

先染め綿を使用すると、独特の風合いに仕上がります。
表面的に印刷する顔料プリントは、場合によると
鮮明すぎてしまいがちですが、綿の種類を選択することで
自分のイメージに合った風合いに仕上げられます。

日の当たる環境で暖簾を使用する場合は、色褪せに
気をつけたいところです。こだわりたい部分

色褪せ予防に効果的なのが、耐光性ですから、顔料は最適です。

顔料プリン後は、耐光性が発揮されるので、色褪せしにくいです。
屋外に設置するタイプにも最適です。

予算的にも低コストで仕上げられるので、複数の暖簾を
設置したい場合にも良いでしょう。

綿に直接顔料プリントするタイプならば、さらにコストの
軽減効果が高いです。

こまかな絵柄でも、にじみませんから、思い通りの絵や
文字をプリントできます。
オリジナル性にこだわりたいときにも役立ちます。

昇華転写暖簾について

暖簾の作成では、反応染めや注染めと言われる
手法が主流となっていましたが、これらには色数や
柄によって価格が変わったり、繊細な色使いや
複雑な意匠には向かないなどデメリットが有りました。主流となるもの

昇華転写では、こういったデメリットを回避しながら、
フルカラーで美しく、自由度の高い暖簾作成が可能となっています。

昇華転写はどういったものかといいますと、従来の
染色によるものとは異なり、一旦、インクジェットで
印刷したものを、生地に熱で転写するという方法で作成します。

このため、絵画や写真といった細かで多彩な色使いのデザインも
取り入れることが可能になっており、鮮やかで、美しい暖簾を
仕上げることが可能です。メリットとデメリット

本染めでは難しかった、あるいは不可能だったことも
実現できますから、より見栄えがする、新鮮なものを
作ることも目指せます。

納期についても短縮することが可能で、特に難しい
デザインでは、本染めの場合はかなりの時間がかかってしまうのが
当然でした。

職人が何度も何度も手作業を繰り返して行くので、
やはり、その分時間がかかるのは仕方がありません。

しかし、昇華転写方式ですと、数日から10日も
見積もっておけば、それで充分というスピーディーさがあります。

近年は転写技術も改良が進んでおり、本染めのような
深みのある色合いを可能にする会社も存在しています。

その上でグラデーションを掛けたり、細部の再現能力も
高いのも、このタイプの長所です。

これから暖簾を考える際には、このタイプの利用も
考えてみるのも良いでしょう。