のれんの製作を楽しむ

単純なようで奥が深いのれんは製作のポイントを抑えることが大事です

インクジェットを使ってデザイン

アフターコロナの兆しも見えて、これから多くの人がお出かけすることが予測されます。
人が多く集まるスポットに歯人を魅了する桜やレジャー施設があり、常に人で満員になって
居ます。

 

しかしこのような人が密集する場所は時として愉快犯もやってきて、危険な行為に及ぶことが
あります。それはのれんやどんちょう、暗幕やカーテンなどの引火させそれを楽しむ犯罪者が
居るのです。このような行為が密集でしかも密閉された空間で行われると一気に火は広がり、
多くの人が一酸化炭素中毒で命を落とすことになってしまいます。

 

そこで消防庁は防炎加工された防炎のれんなど、防炎物品を使うことを義務化しているのです。
特に高いビルや公衆浴場、テレビ京谷映画スタジオ、病院や老人法務などで、こうした義務を
徹底させています。これに違反すると罰則などもあるの、きちんと守らなければなりません。

 

ところが防炎のれんは化学繊維で分厚く、デザイン性にも乏しくておしゃれさに欠けるとして
使うのをためらう人も少なく有りません。ところが最近は化学繊維のポリエステルに、
インクジェットプリントで様々な色彩やデザインを施せるようになっており、非常におしゃれな
ものが多くなっています。

 

グラデーションの表現も可能

防炎のれんは前述したようにインクジェットプリントで、カラフルなデザインやスタイリッシュな
デザインを施せるように成って居ます。加えて、かつて難しいとされていたグラデーションも可能と
なってオリジナルな暖簾が作れるようになっているのです。

 

これはポリエステルのれんならではのメリットであり、朝や綿と言った天然素材ではなかなか
グラデーションを作るのは難しいところがあります。オリジナルの暖簾が作れるほか、シアリエステルと
言ってポリエステルでありながら朝の様な透け感や、風合いを楽しめるような暖簾も販売されるように
なっています。

 

風になびいたり光を指すと、軽やかでまるで日本の夏の着物の絽や紗を思わせる様で、和食料理屋さんや
和菓子店の店先、呉服店の前に飾るのにも最適なのです。特筆すべきはクリーニングや洗濯にも強いという
ことです。シアリエステルは誤解迄選択しても防炎加工がほとんどとれません。

 

洗濯可能

そして水洗いやドライクリーニングの基準を満たしたイマークもつけられ
ていて、その丈夫さや耐久性はお墨付きと言えるでしょう。非常に手入れも
簡単で天然素材の風合いも楽しめ、グレージュでアンニュイな色調を楽しむ
こともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)