のれんの製作を楽しむ

単純なようで奥が深いのれんは製作のポイントを抑えることが大事です

ダイレクトインクジェット暖簾について

日本のお店に不可欠のアイテムといえば、暖簾です。
外からの不用意な視線を防ぎ、かき分ける仕草も
粋なものとして、古くからお馴染みになっています。新しい方法

最近ではインターネットでもオーダーメイドの一品を
気軽に注文できるようになりました。

それを実現させている技術が、ダイレクトインクジェットによる
印刷です。これは家庭用プリンターと同様、専用の機械を使って
暖簾に直接染色する方式となります。

仕上げの際には生地に熱をかけることで耐久性が増しますので
他の形式同様に長持ちさせることが可能です。

プリンターによる印刷ですから、こまかいデザインを
施すこともできますし、発色も鮮やかになります。昔からある物

なにより安く作成することができますし、従来の方法よりも
早期に納品できるのもメリットです。

ダイレクトインクジェットを採用している業者を選べば
いつでもオリジナルの暖簾が手に入ります。

一方、常に人が出入りする部分に設置しますから、
摩耗による経年劣化は避けられません。

しかし、業者側に過去の発注データが残っていれば
素早く再印刷することもできます。

こうしたフットワークの軽さも、魅力の1つです。

より確かな染色で作成したいのであれば、
信頼と実績に優れた相手を選ぶことが大切になります。

口コミや公式サイトを確認するのはもちろん、
まずは気軽に問い合わせてみるのも有効です。

店の顔となる暖簾は、ダイレクトインクジェット方式を
優先して、迅速に用意していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)