のれんの製作を楽しむ

単純なようで奥が深いのれんは製作のポイントを抑えることが大事です

暖簾の多くはオーダーメイドで作られる

日本の伝統的な文化や慣習にのっとった店舗では、必ずと言って暖簾が軒先に垂れかけられています。
これは今営業時間中であるとか、開店したということを公に知らせる信号的役割を果たしてます。

 

そして店じまいや閉店、営業時間外であるという時は暖簾が外されたり、裏向きにかけられているので
いちいち店主に聞かなくても客はそのことを暗黙裡に理解できるんです。非常に効率の良い便利な
アイテムであると同時に、その店が何を扱うかどんなコンセプト化を知らしめる看板的役割も果たしてます。

 

暖簾の製作は販売店に行き、すぐに買って帰るというわけにはいきません。なぜならその店のいわば看板や
顔であるアイテムなので、デザインや構成に拘って多くの人が制作するんです。染色や色抜き、手描きなど
着物を作ると同じくらい手間暇がかかるものであり、ほとんどがオーダーメイドで作られるわけです。
オーダーのれん

何よりも店によって軒先の玄関口の寸法も異なるために、それに合わせて生地を裁断し作り上げていかなければ
なりません。それゆえどうしてもオーダーで製作できるまでに時間を要するのです。多くは京都の販売店で購入
されることが多いと言われているんです。

安い暖簾をお探しならばお勧めしたいものがあります

フルオーダーで作られる暖簾は、その平均相場が5万円とも10万円ともいわれる世界です。一枚の布なのにと
思われるかもしれませんが、呉服を製作するのと同等程度の手間暇や職人の巧みな仕事がそこにはあるんです。

 

京都ののれんであれば、職人が分業で一つを作り上げます。捺染や色抜き、手描きなどそれぞれ熟練の職人が
携わるので必然的に値段も高くなっていきます。

手描きのれん

こうした暖簾を、出来るだけ安く品質のクオリティーを下げずに購入したいと
思う人も多いでしょう。この場合には京都にあるネット通販を行う販売店で
購入することをお勧めします。色やサイズを選択し、文様や構図などもカタログ
から選ぶことができます。別注のオーダーも可能であり、世界に一つしかない
オリジナルののれん制作を行うことも可能になってるんです。

 

単にネット通販だから安く買えるというものではありません。その品質もお墨付き
なのです。のれんは日々、屋外の軒先にかけられ直射日光を浴びます。

 

こうした光にも強く、捺染や手描きの絵が色落ちしにくいものも販売されてます。
そして屋外では放火などのリスクもあるので、防炎性に長けた製品も用意しているのです。
一度ネット通販を閲覧してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)