のれんの製作を楽しむ

単純なようで奥が深いのれんは製作のポイントを抑えることが大事です

染料の作成から蒸しや水洗いまで|のれんの本染めの工程

のれんの本染めとは、染め物を作るための手法の一つで、
糸そのものを染料で染めることで色を表現することです。

もち米から作られたノリを用いて、染める場所と
そうでない場所を分けて、模様や文字を描いていきます。

染める

工程としては、デザインが決まったらそれを基にして
染めるときに使用する版の作成を行うのです。

版ができたらその上に染料を置いて、スキージと呼ばれる
大きなヘラで生地を染料で染めていくことになります。

単色ではなく多色の場合、色の数だけ型を使って染色していくのです。

次に、100度ほどの蒸気で蒸しますが、時間は20分から
60分程度で生地の状態を見ながら調整しなければなりません。

この蒸すという工程によって、化学反応がおきて染料が
生地に定着するので、色落ちすることが少なくなるのです。

蒸し終わったら余分なノリや染料を落とすために、
きれいに落ちてしまうまで水洗いをして、色止めするための薬に漬けます。

その後余分な水分を落としてから干し、しっかりと乾燥させることが必要です。

乾燥ができたら、デザインに合わせ余分な部分をカットしたり
縫製時のために切り込みを入れていきます。

裁断されたものを、原稿通りに縫製したら作業完了です。
本染めロゴ白抜きといわれるものがありますが、
白生地に型を置いてその部分にノリをのせて
染まるのを防いでいくのです。

本物の染めよる深みのある色合いや風合いは、
美しさや高級感をじっくりと味わえるでしょう。

高級感