のれんの製作を楽しむ

単純なようで奥が深いのれんは製作のポイントを抑えることが大事です

雨が濡れるところで天然繊維のれんがいいなら京都のれん

のれんは生地選びが重要です

京都のれんでは様々な生地を使って製品作りを行っています。
生地の違いによって異なる特徴があるので、用途を考えて選ぶことが大切です。

顔料染めは耐光性があるため日除けに適しています。
屋外掲示を基本とする場合、常に直射日光に晒されるため耐光性を
考慮しなければなりません。

顔料染めは様々な製法の中でも特に紫外線への耐久性が高いため、他の染料と
比較して色褪せや日焼けに強いという特徴があります。

日焼けに強い

店舗を常設するような場合には最適技術です。

顔料染めはデザインの再現度も優れているので、理想的なのれんを
作ることができます。

また風合いもよく、洗濯に対してもある程度の耐久性があります。
色褪せしにくい日除け幕などが必要な場合にはこの製法を選ぶとよいでしょう。

様々な製法がありますが、用途に応じて最適なものを選ぶためには
プロに相談するのがおすすめです。

長年にわたって様々な製品を作ってきた実績のあるプロに相談すれば、
最適な素材を提案してくれます。

シルクスクリーンで作ったのれんについて

のれん作りにはシルクスクリーンが採用されることがあります。
この技術は孔版印刷の一種で、メッシュ状の版に穴を作りインクを落とします。

孔版画の孔には突き抜けた穴という意味があります。
必ずしも絹を使って印刷を行うわけではありません。

実際にはメッシュを使った方法が採用されています。
インクが落ちるのは穴の部分だけです。

この技術は非常にシンプルなので様々な製品に利用されています。
のれん以外にTシャツの生地やリモコン、電子基板などにも利用される技術です。

プロに任せる

シルクスクリーンでのれんを作る場合、基本的に写真製版でデータ化した
デザインの型を作ります。この型を使って無地の生地に印刷を行います。

天然素材を使って製作する他の技術と比較して、デザインの精度が高いと
いう特徴があります。

職人が切り型を作って印刷する方法もありますが、写真製版でデータ化した
デザインの型を作った方が効率的です。

求めるデザインを確実に表現したいのであれば、プロに相談するとよいでしょう。

適切な技術で理想的な製品を作ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)