顔料プリント暖簾について

暖簾にプリント印刷をすると、文字や絵が鮮やかに
描かれて、美しい仕上がりになります。

美しく仕上がる度合いは、生地と顔料の相性がポイントです。
顔料プリン後に、にじまずに発色が良い状態を維持できると、
色鮮やかさが際立ちます。

暖簾を仕上げるときに、低予算でも目立つように
仕上げたいのであれば、顔料に注目しましょう。

顔料を表面的にプリント印刷する方式ならば
色が透けませんので、ふるぼけた感じに
ならずに長期間にわたって色鮮やかです。イメージに合わせる

洗濯しても色落ちしにくい顔料を
選ぶのも重要です。

顔料プリントに最適なのが綿です。
綿には先染め綿もあります。

先染め綿を使用すると、独特の風合いに仕上がります。
表面的に印刷する顔料プリントは、場合によると
鮮明すぎてしまいがちですが、綿の種類を選択することで
自分のイメージに合った風合いに仕上げられます。

日の当たる環境で暖簾を使用する場合は、色褪せに
気をつけたいところです。こだわりたい部分

色褪せ予防に効果的なのが、耐光性ですから、顔料は最適です。

顔料プリン後は、耐光性が発揮されるので、色褪せしにくいです。
屋外に設置するタイプにも最適です。

予算的にも低コストで仕上げられるので、複数の暖簾を
設置したい場合にも良いでしょう。

綿に直接顔料プリントするタイプならば、さらにコストの
軽減効果が高いです。

こまかな絵柄でも、にじみませんから、思い通りの絵や
文字をプリントできます。
オリジナル性にこだわりたいときにも役立ちます。